カテゴリー別アーカイブ: ニュース

榎川を見てきました

7月13日のあと三連休以降は見に行ってなかったのだけど、図書館へ行くついでに見に行ってきました。

撮った写真をFlickrでまとめています。

20180712

氾濫地点近くの榎川は連休前とは少し変わっていました。
倒木や土砂等が詰まってしまった橋の手前に土のうで作られていた堰はなくなっていて、10mくらい下流側に大きなバラス状のものを詰めたものを積み上げて新たに堰が作られていました。この堰から上流側は結構水が溜まっています。川の中のダムみたいな感じになっていました。
まだ水の色は茶色く流れてくる水量も少なくはない感じです。

下流域で護岸の応急復旧工事をしているから下流の水位を下げたいのもあるのかもしれません。
まだ従来の水位よりは高いってことなのでしょう。
いつになったらきれいな水が流れて水位が下がるのか。
更にいうと、崩落箇所が多数ある山の方の状態も気にかかります。
雨が降るとまた土石流が起こる可能性が依然高いそうですからね。
この度崩れたところをなにか吹き付けて固められたらいいのに!と思います。

その後の榎川

毎日氾濫地点近くなどに日参しています。
水位がどれだけ下がっていくか見ていきたいなと思って3日間毎日見に行ってみました。

目立った水位の減少はないのですが、だいたい数センチずつ下がって入るようです。
見た目の印象や連日ほぼ同じ箇所で撮影した画像からそのように感じていましたが、今日は氾濫地点近くでダンプカーの出入りの警備をしているおじさんとお話しました。水位の事を言うとだいたい3~4cmくらい下がっているようだとおっしゃっていました。

ダンプカーの出入りは住宅地に流れ出た土砂を撤去しているようでした。堆積している土を道路に集めてパワーシャベルでダンプカーに移し、近くの小学校へ遠回りをして運んでいます。土を積む場所と小学校はほんと300mちょっとの位置なのだけれど道幅等の道路事情で一旦大通りへ出ざるを得ないようです。
住宅地の通行可能な道を歩いてみたのだけれど、かなり土の撤去は進んできているようですが、氾濫地点に近い付近はまだ作業されているようでした。

まだ水は茶色いですし、本来の川を流れず路上を流れているままです。
それにしてもまだ水が茶色ってねぇ〜。上流はどうなっているのでしょうかねぇ。
上流が安定し水位も落ちてくれないと…。

先程川氾濫に伴う避難勧告は解除になって少しホッとはしたけれど、普段の流れに戻るまでは気を抜かないでいた方がいいでしょうねー。

あーあ、氾濫しちゃったよ

昨日のことだけれど、町内の川が氾濫してしまいました。
今日は朝から全国放送でも取り上げられているようですが…。うちの町名がTVに出るのはマツダ関連のニュースなのに…。まさか災害で出ようとは!それを生きてるうちに経験しようとは!人生わからん!

7月6日からの雨で前の投稿にある通りちょっと護岸が削れた程度で済んだのだけれど、その護岸が削れた川が氾濫した榎川です。
過去にもあの辺りで氾濫をしていると聞いたことがあり、その時は今回氾濫したのとは反対の南側が広範囲に浸水したらしいです。

続きを読む

大雨

大雨でした。
7月6日の夜から翌7日の朝まで避難しました。

7月6日の夕方、家のそばの排水口が水で溢れ、さらにそばの側溝も水で溢れ道路に水がたまりました。
その時の画像がこれ↓
大雨

そして町内が『避難指示(緊急)』に。
もし水かさが増して出られなくなるとまずいので避難することに。
避難所に入ったあと、必要なものを取りに戻ったときには側溝の水位が下がっていたのだけれど、念の為そのまま避難することに。
町内全域避難だけれど避難所にはあまり多くの人は入ってなかったです。
我が家は平屋なのでもし床上浸水になると逃げ場がないこともあり安全側の避難を選択したけれど、戸建てで二階屋だったりマンション等だったりで避難世帯が少なかったのかな。

夜は冷房も効いて快適ですが私には冷えすぎて寝られませんでした。
明け方、町の職員の方と少し話したのだけど、避難所の前の川が上流から数箇所護岸を削っていて崩落しているとのこと。そういえば避難所そばの道路が右左折できないよう通行止めになっていました。通行止めの先に護岸崩落箇所があるということでした。もっと山側でも崩落しているとか…。
町内を流れている一級河川がはん濫危険水位を超過して避難指示が出たけれど、もっと小さな川の方で被害が起きていました。

7日の昨日は大人しくして、今日は雨が弱くなったので外の様子を見るついでに図書館へ本の返却に行きました。避難した施設内に図書館がありますが、昨日から臨時休館で閉まっていました。避難所は昨日閉所したようです。
そばの崩落現場を確認しに行ってみました。
それがこちら。
崩落箇所

わかりにくいですが手前も崩れています。

昨年度から護岸のやり直し工事をしているところだったのに。
崩落箇所
過去拡張工事をしたりして触っている箇所は持ち堪えたようです。
写真で明暗が見て取れます。
今日見に行った時点でまだ水は土色だし流れも早かったし水位も高めでした。普段は水深がとても低い川なのでそこまで引くのに何日かかるのかなぁ。
明日以降は晴れ予報なので順次落ち着いていくと思うけれど。

心配な台風8合は大陸の方へ真っすぐ進んでいるようだからそのまま行ってほしいですね。

ほんとかなー

桜の開花予想が発表されてるんだけども、だいたい平年並みの3月27日、28日付近だそうな。
ほんとかなー?と発表当初は訝しんでいたんだけど、今週半ばあたりから寒さが緩むみたいなので期待したい。
極寒に戻らないと思っていいのよね?
ちょっとだけ寒の戻りがあるのはまぁ毎年のことだからそれはいいんだ。
取り敢えず氷点下になる日はもうおしまいにして?

博多駅前

博多駅前の道路陥没事故、びっくりだよ。
しかもかなり博多駅から近いじゃんか。
十数年前にここ歩いたよ!そういえば。
2001年の元旦だったよ。真夜中に特別運行の新幹線で博多へ行ったんだよねー。で、大宰府に詣でて朝帰ろうってことにしてキャナルシティまで博多駅から歩いた時、往復ここの歩道歩いてるんだった。
地図見て、あれ?って気づいたんだけどね。
このあたりってオフィス街ってイメージ、しかもビルがデカいなーっていう印象。(広島は小さいビルの群れなんでね驚いたの)

NHKがライブ映像をネットで流し始めてからはもう釘付けだよ。生コン車が短時間で出入りするだけの映像なんだけど、きっと夜通しの作業なんだろうけど、なぜか目が離せないよ。
なんでだかわからん!けど、見守りたいので見る。

鳥取地震

14時過ぎに鳥取で地震。
ちょこちょこあのあたりで地震が起きていたから「そのうちおおきいのがあるんじゃあ…?」と思っていたら、起きたよ。予想を裏切らないっていうか…外さないっていうか…。外してくれていいんだけどねー。
広島は震度4。
震度4といえば、熊本地震のときにも揺れたことがあったなあ、何度か。
数ヶ月前の経験だからか、そんなにパニックにはならずに済んだ。

しばらくは警戒しないとね。

どうにも

不完全燃焼。

Orionの打ち上げ中継(Ust)を見ていた訳よ。
したらば、打ち上げ5〜6分前くらいにオフラインに!
なんですと!?
こんな時に落ちるとかありえん!
おいおい、どーなってんだ!? と思ってたら、NASA TVで中継してるっス!ってNASAがtweetを!
そうかそうか、それじゃあとアクセスしたらすぐに「あと4分ねー」とばかりにカウントダウンが始まった。
ふーーー危なかった、見られなくなるとこだったわ〜ってドキドキしつつ見ていたら!
カウントダウンが10くらいのところで、映像が止まった!
まぢでーーー!
慌ててリロードするも、中継画像は映ってなくてただ黒い画面があるばかり。
どーーなっとるんだぁ!?
大事な打ち上がる瞬間は見せないってか!?
チッ(・д・) とか思って、そのようにtweetもしたw

だいぶ経ってから打ち上げの動画がようつべにあるでよってtweetが流れて来てやっと打上る瞬間を見た。
はーやれやれ、見られたのはいいけど、すっごくつまらない感じ。
生でその瞬間がやはり見たかったせいだね。
そんなわけで、不完全燃焼なんだなぁ。

6年後待ってる!

はやぶさ2打上りましたねー。
午後1時22分ころの打ち上げってことで、えー仕事中じゃーんとは思ったけど、こっそりネット中継見ちゃおうとお昼休憩に特設サイトをチェックして、ウィンドウ小さめにして中継画像を垂れ流しにして、さあ打上るぞ!という時は机にへばりつきました(笑)
家だったら歓声を上げただろうけど、仕事中に隠れて見てるものだから心の中で歓声上げました。
今のところ順調だそうで、6年後に無事に戻ってくれるのを待ちますかね。

台風19号

久々に暴風域に入ってしまいそうですよ。
滅多に入らないんですけどね、ええ。たいていは強風域なのです。
徐々に北寄りの進路を取ってきてしまった19号くん。しかも日本を横断する気満々のご様子。
しかし、それはいかがなものだろうか?
特に、東海地方を行く時はぎゅっと太平洋へ急展開とか、もしくは大阪あたりで縦に日本海へ抜ける訳にはいかんだろうか?
どうにかして御嶽山周辺は避けてってもらえまいか?
土石流が心配です。

それはそれとして。
暴風域に入る確率が上がってしまったので風雨はかなーり強そうだ。
進路としては2004年の23号が近い感じだそうで、気象予報士の人が注意するようツイしているのを見かけました。
ググってみたら、死者行方不明者98人も出た台風だったので、ちょっとガクブル。
みなさん、気をつけましょう!