榎川を見てきました

7月13日のあと三連休以降は見に行ってなかったのだけど、図書館へ行くついでに見に行ってきました。

撮った写真をFlickrでまとめています。

20180712

氾濫地点近くの榎川は連休前とは少し変わっていました。
倒木や土砂等が詰まってしまった橋の手前に土のうで作られていた堰はなくなっていて、10mくらい下流側に大きなバラス状のものを詰めたものを積み上げて新たに堰が作られていました。この堰から上流側は結構水が溜まっています。川の中のダムみたいな感じになっていました。
まだ水の色は茶色く流れてくる水量も少なくはない感じです。

下流域で護岸の応急復旧工事をしているから下流の水位を下げたいのもあるのかもしれません。
まだ従来の水位よりは高いってことなのでしょう。
いつになったらきれいな水が流れて水位が下がるのか。
更にいうと、崩落箇所が多数ある山の方の状態も気にかかります。
雨が降るとまた土石流が起こる可能性が依然高いそうですからね。
この度崩れたところをなにか吹き付けて固められたらいいのに!と思います。

サイト http://
投稿を作成しました 854

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る