子年年賀状集計

やっと子年用年賀状の集計が終わりました。
2019年2月〜2020年1月のDL集計です。
実際には子年素材をupしたのは3月くらいなのですけどね、まぁ一応1年ということで。

全7サイトの合計のTOP5

第1位 42DL

ASで04の水色のばかりDLされてました。なんだったのかな、どこかWebサービスに採用でもされたのですかね?探したけど見つけられませんでした。

第2位 35DL

これは06がiStockでまとまってDLされていて、これもまたはて?という感じなのでした。
どこぞのWebサー(ry…。

第3位 34DL

これは主にShutterstockとPIXTAでDLされてました。PIXTAさんは印刷系のサービスに採用されたので、その御蔭ですね。
SSは、わかりませんけどw

第4位 33DL

これはPIXTAさんがダントツで上のと同じくWebサービスに採用されたからですね。そこにはもっといろいろ採用されてましたが多少のばらつきはあったもののDLされてましたから、強いなぁと思いました。

第5位 26DL

これはShutterstockのDLが一番多いですねー。7サイト中PIXTA以外のサイトでDLがありました。
PIXTAでは不人気で残念…。

総括

アイコン・背景込みの総DLは662でした。
年賀状自体は全体の68%ほど、アイコンが12%、背景は20%。
背景の集計の中には干支がない年賀状とネズミがいるバナーを含んでいます。

DLがゼロという絵柄はなかったのですが、DLが1や3〜5程度というのがちらほらありました。これらをテコ入れして丑の年賀状に活かさないと!ですねー。

それと、集計するために各サイトのDLをチェックしていると、前に作った干支のもので今年は作ってない絵柄がちらほらDLされていることに気づきました。しかも絵柄が同シリーズって感じだったので丑では作ろうかなーと思ってます。

春先から年賀状素材をupして感じたのは、早めにある程度の種類を上げておくのは有効らしいということでした。早いと埋もれないのがメリットで動きが鈍いのがデメリットですけど、ちらほらとDLされていくと積み上がるので悪くはないなと思いました。

PIXTAさん経由でWebサービスに採用された年賀状が10月末までにupしたものばかりなのでこのあたりまでにある程度数を揃えておくべきかなと…。

年賀状は年賀はがきは毎年減少の一途を辿っているのに、ウェブ上のサービスでは過熱気味でちょっと「はぁ?」な感じですけど、頑張ってみると普段よりも手応えを得やすいからスルーできないんですよねー。

そんなわけでもう丑の年賀状を作り始めています〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください